がんと診断されたらANK免疫細胞療法

スポンサーリンク

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

ナチュラルキラー細胞の増殖・活性化でがんに挑む

胃がん、大腸がん、卵巣がんなど、ステージ4の末期がんを手術可能に。

こんなことが書かれています。

  • 生まれながらのがんの殺し屋NK細胞
  • 自己免疫でがんを消すのがANK免疫細胞療法
  • 弱まったNK細胞を体外で覚醒させて闘わせる
  • 増殖、活性化したNK細胞ががんを死滅させる
  • NK細胞が覚醒すると他の免疫細胞も覚醒する
  • 分子標的薬の併用でがん殺傷力を強化する
  • 標準治療とANK療法の組み合わせで効率良くがんを叩く
  • 大きな腫瘍を切除してANKでとどめを刺す
  • ANKは、がん細胞と正常細胞を見分けて攻撃する
  • 化学療法の合間にANKを投与して効果を高める
  • NK細胞を引きつけてがんの攻撃を助けるADCC活性

などなど。

ANK免疫細胞療法のことが詳しく書かれた数少ない本。

著者

石井光

口コミと購入

参考になる口コミ、レビューを少々ご紹介(amazonより)

現在の癌治療において認識が希薄となっていた重要なポイント、つまり癌の完治には免疫機能の…..

続きを見てみる

本を読むならKindelが絶対お得

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク