J.S.ミルの社会主義論: 体制論の倫理と科学

スポンサーリンク

J.S.ミルの社会主義論: 体制論の倫理と科学

ジョン・スチュアート・ミル(J.S.ミル)が生涯問い続けた経済体制の問題に焦点をあてて、彼の社会思想を彼の思想形成と思想的特質から捉え、彼の真意を探ることを目的とした本。

ミルはイギリスの哲学者で、社会思想家、経済思想家でもあり、現代の社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた人物。

晩年には自ら社会主義者と名乗っていた。

また、論理学分野においてバートランド・ラッセルら後続の分析哲学にも強い影響を与えて、初期科学哲学の重要な人物。

著者

安井俊一

口コミと購入

購入はこちらから

本を読むならKindelが絶対お得

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク