晴れときどき涙雨 髙田 郁のできるまで

スポンサーリンク

晴れときどき涙雨 髙田 郁のできるまで

大人気時代小説作家の原点がここにあった。艱難辛苦を乗り越えて小説家になるまでの軌跡がこの本に。

挫折の先に人生はある。貴方にとどけたい希望の言葉たち。

法曹界を志し挫折を味わったこと。交通事故に遭い後遺症に苦しんだ日々のこと。

阪神・淡路大震災の辛い経験、などなど。

銀二貫、みをつくし料理帖、シリーズの世界をそのままに。

小説のように温かく、滋味溢れるエッセイ集。

著者

髙田 郁

口コミと購入

参考になる口コミ、レビューを少々ご紹介(amazonより)

漫画原作者・川富士立夏から小説家・高田郁へと転身する過程で何があったのかが解るエッセイ。高田郁という作家は喜怒哀楽を非常に大切にし、大切にしてるからこそ…..

つづきをみてみる

本を読むならKindelが絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク