ピアノを弾く哲学者 サルトル、ニーチェ、バルト

スポンサーリンク

ピアノを弾く哲学者 サルトル、ニーチェ、バルト

ピアノ演奏をこよなく愛した三人の思想家の知られざる側面を浮き彫りにした傑作エッセイ。

  • いっこうに上達しないショパンを弾くサルトル
  • 驚くほど美しく繊細な手で弾くニーチェ
  • ピアノを弾いていると「何かが勃起する」バルト

それぞれ個性的な3人。

著者

フランソワ・ヌーデルマン

口コミと購入

口コミ、レビューのチェックと購入はこちらから

本を読むならKindelの方が絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク