愛と人生-寅さん小説-

スポンサーリンク

愛と人生-寅さん小説-

山田洋次監督も共感した独創的な寅さん小説。

「男はつらいよ」シリーズの子役、秀吉だった「私」は寅次郎と一緒に行方不明になった母を探す旅に出た。

アヴァンギャルドで愉快な文学。

映画の登場人物とそれを演じる俳優の人生が渾然一体となって語られ、それぞれの時間が複雑に流れては戻る。

いろんな人から大絶賛の声

中条省平:「文章の緩急を使い分ける力量」と「非常に面白い戦略」

長野まゆみ:ご褒美のような幸福感のラスト」

沼野光義:「大衆的な紋切り型を文学的技法として使った懐かしい雰囲気」

山田洋次監督も共感した、斬新で独創的な”寅さん小説”。

  • 愛と人生
  • かまち
  • 泥棒

の3作を収録。

著者

滝口 悠生

口コミと購入

口コミ、レビューのチェックと購入はこちらから

本を読むならKindelの方が絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク