エボラの正体-エボラウイルスとはどのようなものなのか-

スポンサーリンク

エボラの正体-エボラウイルスとはどのようなものなのか-

緊急出版。世界を震撼させる人獣共通感染症のウイルスはさらに進化し、アウトブレイクを繰り返す。

2014 年に西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを襲ったエボラウイルス。

WHOの発表によると感染者数は1 万5000 人、死者数は5000人を超えると言います。

エボラは1976 年に発見され、その後、いろいろなところで人々の命を奪ってきました。

今回のアウトブレイクは、感染者数、死亡数とも、過去のアウトブレイクのトータル の合計数をはるかに上回っています。

日本は、アフリカの熱帯材輸入国や鉱物資源の大輸入国。

エボラウイルスの発生、流行と決して無関係ではないので、この本でエボラの理解を深めましょう。

著者

デビッド・クアメン

口コミと購入

参考になる口コミ、レビューを少々ご紹介(amazonより)

もともとは、エボラだけではなく人獣共通感染症について書かれた「Spillover」
という本から、エボラ関係の部分を切りだし、加筆したものだそうです。

西アフリカのエボラ大流行が続いているが、参考になる本を読もうと思っても、
歴史的経緯、科学的に解明….

続きを見てみる

本を読むならKindelの方が絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク