イスラム国-テロリストが国家をつくる時-池上彰渾身の解説

スポンサーリンク

イスラム国-テロリストが国家をつくる時-池上彰渾身の解説

緊急大増刷!テロリストが国家をつくる。

著者がミスターサンデー、報道ステーションに出演して分析。

こんなことが書かれています。

  • 恐怖のプロパガンダは先行する歴史のテロ組織赤い旅団IRAから学んだ
  • 決算報告書を公表、自爆テロひとつひとつの収支を記す。総資産は20億ドル!?
  • 人質を誘拐する国の世論の動揺をするどく見抜いている。身代金を支払わない英米の人質は斬首ビデオを公開、他国政府は交渉しているのに英米は見捨てた、と主張する
  • アルカイダの失敗はアメリカというあまりに遠い敵と第二戦線を開いたことと喝破
  • 他の武装組織と違い、領土をとり油田をおさえ、いち早く経済的に自立した

イスラーム国の衝撃と合わせて読めば理解はさらに深まります。

著者

ロレッタ ナポリオーニ

口コミと購入

参考になる口コミ、レビューを少々ご紹介(amazonより)

イスラム国の正体は、スンニ派のサウジやオマーンが操った従来の国家形態を超えた武装集団である。
ナポリオーニの本書は、最も客観的にイスラム国をその誕生の歴史から紐解いている。

本書では、イスラム国を誕生させた原因は、米軍のイラク戦争という事が理解できます。

イスラム国の経済的な側面の情報も貴重です。

テレビ報道ではイスラム国の実態が度々解説され、特に池上彰氏の解説はポイントを的確に指摘した内容でした。

日本のマスコミにも昨年の5月頃から盛んに登場し始めた「イスラム国」であるが、本書を読んでその実態をよく理解できた。

日本のマスコミが流す「凶悪なテロリスト集団」などというイメージを一旦留保して、イスラム国が生まれた背景や目指すものを……

続きを見てみる

本を読むならKindelの方が絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク