刑事群像-香納 諒一

小説

「警察小説」の名手が放つ、捜査一課シリーズ最高傑作!

image 

捜査一課二班合同捜査開始。

  • 刹那の街角』の警視庁捜査一課強行班中本班デカ長・庄野樹

の二班合同捜査。これで面白くないはずがない!

 

あらすじを少々ご紹介

路上で発見された女性の全裸遺体。殺人事件として捜査一課強行班が動き始める。被害者の経営コンサルタント坂上実咲は、捜査一課に二年前の痛恨の記憶としてのこる「金融ブローカー殺害事件」を呼び起こす。

身辺調査を進める中、二年前の事件をきっかけに辞職した捜査一課中本班の沢崎の名前があがる。被害者の異性関係などで捜査が難航する中、捜査一課は、中本班・強行班の二班合同体制をとることに!

刑事たちはいったい何を探し続けるのか。捜査一課シリーズ最高傑作まちがいなし!

 

著者

香納 諒一

 

口コミと購入

口コミ、レビューのチェックと購入はこちらから

   

 

本を読むならKindelの方が絶対お得なんですが、みんな意外に知らないんですよね。

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25