感情的にならない本 おススメ出来ない

売れている。精神科医の和田秀樹のベストセラー。

スポンサーリンク

感情的にならない本

image

不機嫌な人は幼稚に見える。

33万部突破で、紀伊国屋書店でも売り上げ4位。

精神医学の立場から感情的にならない考え方と方法。

例えば

  • 白黒で物ごと決めつけない
  • 人の言葉を深読みすると感情が悪化する
  • 悪意を感じた時は受け止めないで聞き流す

著者

和田秀樹

口コミと購入

参考になる口コミ、レビューを少々ご紹介(amazonより)

結果的には、数多くある「気休め本」の一つでしかない。

あまりに普通のことが書いてあるので、唖然とした。

うんうん、なるほどと思って読むのですが、読んだ後、だから何が言いたかったんだ?となる本でした。

本の題名が題名だけに期待して購入しましたが、冒頭部分からイラだった感情や思いは放っておく…そんなこと出来ていればこの本は買いません。残念です。

読んでいてすっきりしない。上っ面なきれいごとな印象。ささくれる感情をしっかりと受け止めてくれないからだろうか?

単刀直入にいうと、読んだ後にあまり残るものがなかった本です。

期待外れな本であった。

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク