2014年8月12日-窓から逃げた100歳老人-映画化決定

スポンサーリンク

窓から逃げた100歳老人

2014年8月12日の6面で紹介。

全世界で800万部突破!重版出来!

人生はまさに冒険!

この本で誰かの寿命をのばせたらすばらしい!

100歳の誕生日に老人ホームからスリッパで逃げ出したアランの
珍道中と20世紀の世界史が交差する。

人生100年風のふくまま、気の向くままありのまま、成りゆきまかせ!

各紙誌絶賛

  • いや、むちゃくちゃに面白い!
  • あれあれ、しみじみとはほど遠い世界じゃないか、これ。
  • 楽しく飲める世の中が一番
  • 長生きしたなら、自由に生きろ!と、世界の同輩達を鼓舞している。

書店員さんの笑賛の声、多数いただいています!

  • 史上最高齢脱力系ヒーローの活躍を見逃すな
  • 笑いすぎて寿命が延びました!
  • 登場人物全員ヤバすぎでしょう。とにかく言えるのは「激しく面白い」
  • 世界史の戦争や革命の裏側を網羅できるという(笑、画期的な作品に驚きました。
  • 翻訳家・柳瀬尚紀先生の凄ささすがの名訳です。
  • 100歳のおじいちゃんの、恐れを知らない度量の大きさがすばらしい!

11月には映画でも公開が決定してます。

100歳の華麗なる冒険

著者

Jonas Jonasson (原著), ヨナス ヨナソン (翻訳), 柳瀬 尚紀 (翻訳)

価格

1500円(税抜)

口コミと購入

参考になるAmazonレビューをちょっと紹介

ウオツカ飲みたさで誕生日当日に老人ホームからこっそり逃げ出した主人公が、当てもなく彷徨ううちに偶然ギャング団の大金を横取りすることになり、それを 取り返そうとしたギャング団に追いかけまわされる、というのが現在(100歳)の話。それと交互にさしはさまれるのは、この100歳老人がどんな過去を 送ってきたのかというストーリーで、これがひと言で言えば無茶苦茶すぎる!
爆弾作りのエキスパートだった主人公は、20世紀のいくつかの歴史の転 換点に関係していた、というのだ。トルーマンやら宋美齢やら、出るわ出るわ…。辻褄を合わせたうえで、よくここまで笑える話を書けたものだと感心した。一 筋縄ではいかぬ、とぼけた老人の大胆すぎる冒険譚で笑ったら、小さな心配事で悩んでいる自分が馬鹿馬鹿しくなった。
柳瀬節と呼びたくなるような絶妙な言い回しが随所に光っていて、話とは無関係に何度もニヤッとさせられた。

購入はこちらから

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA