2014年8月26日-物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方-

スポンサーリンク

物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方

2014年8月26日の2面で紹介。

いい商品なのに売れない「なぜ?」

の答えがこの本にある。

売り上げランキング第1位

  • 三省堂書店
  • TSUTAYA
  • 本のがんこ堂
  • 水嶋書房

これからの時代は、物を売るな、物語を売れ!

  • 業界5位のビール会社を1位にしたひと言
  • 味が普通のもやしが飛ぶように売れる
  • 空港から車で5時間の待ちに観光客が押し寄せる
  • 値段は普通、スペースは4分の1、それでも儲かるスーパー

こんな話がざっくざく。

ポイントはストーリーブランディング!

この本はそのストーリーブランディングが集大成された一冊!

著者

川上 徹也

価格

800円(税抜)

口コミと購入

Amazonにいい口コミがありましたので、引用しますね。

満足したからといってお客さんは必ずしもリピーターにはならない。お客さんは簡単にあなたのお店のことは忘れてしまう。という箇所に本当にドキリとしました。
読み進める中で、消費者の立場とサービスを提供する立場の両方の視点に立て、そのギャップを感じることができます。つくづく、満足してもらうための物やサービスを提供するだけでは忘れられてしまうのだなということが良く理解できました。

それを防ぐための自分独自の「物語」作りについてもアドバイスが満載です。

具体例もたっぷり紹介されていますし、物語作りのワークの事例もあるので、ワークの雛形にそって書き出せば自分の物語作りにも活かせそうです。

なかなか、物が売れないなぁ、なんて感じてるあなた。

どうぞ、一日も早くこの本を購入してそのな悩みから解放されてください。

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA