2014年8月31日-がんと診断されたらANK免疫細胞療法-

スポンサーリンク

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

2014年8月31日の3面で紹介。

胃がん、大腸がん、卵巣がんなど、ステージ4の末期がんを手術可能にする。

ステージ4でも諦めない。

免疫細胞療法は最終手段ではない。手術などの標準治療法とANK免疫細胞療法を
組み合わせて戦えば劇的な改善が見込める。

がんが見つかったら、計画的なANK免疫細胞療法も開始すれば良いのです。

  • ANKはがん細胞と正常細胞を見分けて攻撃する
  • 標準治療とANK療法の組み合わせで効率よくがんを叩く
  • 大きな腫瘍を切除してANKでとどめをさす
  • 化学療法の合間にANKを投与して効果を高める
  • 分子標的薬の併用でガン殺傷力を強化する

ナチュラルキラー細胞の増殖、活性化でがんに挑む。

著者

石井光 (医学博士)

価格

1200円(税抜)

口コミと購入

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA