社長の生産性を上げるシステム思考術

スポンサーリンク

社長の生産性を上げるシステム思考術

ビジネスというのは問題解決の連続です。

販売活動にしても顧客サポートなどにしてもビジネスは日々、発生する問題を
解決することで成長していくわけです。

ところがです。

ここで、ほとんどの社長は自ら働いてこれらの問題を解決しようとします。

社長は会社で一番優秀な人材ですから自ら問題を解決するのは一見合理的に思えます。

しかし、よく考えてみてください。

ビジネスは日々変化するので1つ問題を解決してもまた次から次へと発生します。

ですから、社長が問題を解決するのは効率的に見えるようで実は非効率なのです。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

実は発生した問題を解決するのではなく問題が起きても自動的に解決されるような
「システム」に会社を変える必要があるのです。

言い方を変えると会社を社長がいなくてもお金を生むシステムに変えるということです。

もし会社をシステムに変えたいのなら、、
一度この本を手にとってみてください。

社長の生産性を上げるシステム思考術

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク