本当にコワい?食べものの正体-食品添加物からニセモノ食品まで

スポンサーリンク

本当にコワい?食べものの正体-食品添加物からニセモノ食品まで

発売たちまち大増刷!

買ってはいけない、食べてはいけない、は本当に正しいのか?

食品添加物から、ニセモノ食品までズバッと一刀両断!

これまで信じてきた食べものの常識がガラリと変わる。

こんなことが書かれています。

  • 身の回りにあふれるフードホラーは、なぜ生まれたのか
  • 添加物がそれほど危険なら、今頃人はバタバタ死んでいるはず
  • 食品表示ラベルこそ食品の本質。パッケージなどは飾りにすぎない
  • とり肉味で骨の無い唐揚げもどきであればチキンナゲットと呼べる
  • 格安ミートボールには、まともな肉はほとんど含まれていない
  • 安く食べられるステーキは脂肪を注入されたドーピングビーフ
  • 誤解だらけの糖質オフダイエットとカロリー表記

などなど食品に関する気になることが盛りだくさん。

著者

中川基

価格

1300円(税抜)

口コミと購入

Amazonの口コミではこんな感じのレビューです。

ニュートラルな感覚で食品のことを知り、判断するための知識を得る

あれもこれも、みんな毒! 安心して食べられるものが無い! と思ってる人は必読。

詳しい口コミと購入方法はこちらから

ところで「もっと速く本が読めるようになったら」・・・そう思ったことはありませんか?
実は、、、たったの60分で速読をマスターする方法があるのですが・・・

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク