依存症ビジネス-「廃人」製造社会の真実

スポンサーリンク

依存症ビジネス-「廃人」製造社会の真実

なぜ、スマホがないと不安になるのか?

動画サイト、アプリ、ゲーム、SNS、フラペチーノ、お酒などなど。

やめられないのは、なぜなのか?

そのやめられない習慣は企業が仕掛けた最強最悪のビジネスモデルだったんです。

依存症を病気という観点からではなく、企業側の戦略して分析。

企業はつくりすぎた商品を売るためには、消費者により早く、大量に消費させるしかなく、テクノロジーを駆使して「期待感」をあおって、強い快感をもたらせるかを競合他社と競いあっているという。

そして、消費者は「依存症」という習慣を身につけている。

アルコール依存症だった著者が、綿密な取材と実体験をもとに「テクノロジーとビジネスの共犯関係」、そして依存症を生み出す社会の真実を暴くという本です。

著者

デイミアン・トンプソン

価格

1700円(税抜)

口コミと購入

レビューと購入はこちらから。

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク