決戦!関ヶ原-7人の豪華執筆陣が描く前代未聞の競作長篇-

スポンサーリンク

決戦!関ヶ原-7人の豪華執筆陣が描く前代未聞の競作長篇-

7人の豪華執筆陣がひとつの洗浄を描く、前代未聞の競作長篇!

徳川家康:伊東潤「個人戦でありながら、チーム戦でもある斬新さと緊迫感」

石田三成:葉室麟「戦場の霧の中で書いているようなスリルがあった」

小早川秀秋:冲方丁「この新しい試みに関ヶ原ほど完璧なテーマはない」

宇喜多秀家:上田秀人

織田有楽斎:天野純希

島津義弘:矢野隆

可児才蔵:吉川永青

著者

伊東潤、葉室麟、冲方丁、上田秀人、天野純希、矢野隆、吉川永青

口コミと購入

口コミ、レビューをチェックしてみる

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク