50歳からの「死に方」 残り30年の生き方-感想-

スポンサーリンク

50歳からの「死に方」 残り30年の生き方

人生残りあとは数年、数十年。これから先は覚悟で決まる。

漫画を通して中高年の現実と葛藤を描いてきた著者が、50代からの楽しく賢い生き方と自分らしい死に向かう準備を提案する!

人気漫画『黄昏流星群』で中高年の恋愛・性を正面から取り上げ、自らも団塊世代である著者。

50代からの楽しく賢い生き方と自分らしい死に向かう準備を提案した問題作。

こんなことが書かれています。

  • お金に余裕があるなら起業、なければオタクに戻れ
  • 肩書きとプライドを捨てる
  • 在宅死のススメ
  • 99%は他人に譲る

今まで考えたことがない人に向けた死に向けてのきっかけになる本です。

著者

弘兼憲史

課長島耕作シリーズ、人間交差点、黄昏流星群の著者

口コミと購入

口コミを少々ご紹介

50歳以降の生き方を自分なりに考えてみようというきっかけにはなった。

口コミ、レビューのチェックと購入はこちらから

本を読むならKindelが絶対お得

今日だけ!Kindel日替わりセールをチェック

人気タイトルを40%OFF~ Kindle月替わりセール

ポイント10% Kindleセレクト25

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク