日本の大和言葉を美しく話す-こころが通じる和の表現-口コミ

今話題の「大和言葉」。この表現を身につけると表現力がグッと上がりますよ。

スポンサーリンク

日本の大和言葉を美しく話す-こころが通じる和の表現-

ブーム到来!生粋の日本語「大和言葉」を使ってみませんか?

感動した!とばかり言ってませんか?

例えば、

  • グッと来たなら「胸に迫る」
  • ずしんと来たなら「胸を打つ」
  • じわじわ来たなら「胸にしみる」

こんな風に表現を使い分けてこころを伝えてみましょう。きっと今までとはちょっと違った印象に。

そのほかにもこんなものを大和言葉に言い換えると表現力がアップします。

  • 妥協→折り合う
  • デート→逢瀬
  • 意外→思いのほか

などなど。

大和言葉350以上を収録。日常生活、仕事、祝辞などに活かせる、実際に使えるフレーズが満載ですよ。

著者

高橋こうじ

口コミ

口コミ、レビューを少々ご紹介

「妥協する」でなく「折り合う」と言えば、引き下がったのではなく、大人な印象に変わること。

ビジネスからご近所づきあいまで、幅広いシーンですぐ活用できる言葉も数多く紹介されていてうれしい。

美しさを見直したい大和言葉を数多く取り上げ、それらの言葉の持つ奥床しさを紹介した一冊。

ご年配がよく使われるような、またはフォーマルな場で耳にするような言葉がずらりと並んでいますが
正しい意味や使い方などが言葉毎に分かりやすく説明されています。

話し言葉としての大和言葉の何と美しく、雅なことか、本書から教えられること多大なものがありました。

語彙が豊富で、平素から美しい言葉を意識しながら話している方には少々物足りないかもしれません。でも、入門書としては価格を含めてお手頃です。日本語の美しさを再確認出来る本だと思います。8歳の息子と読んでいます。

最近は聞けなくなった言い回しがいろいろ掲載されていて素敵です。

柔らかく丁寧なさまざまな言葉使いは、読んでいると心が優しくなりそうです。

日本語の美しさ優しさを体験できる素敵な本です。

話し言葉以外にも、知っているのといないのでは今後お手紙を書いたり目上の方とお話しする際に役立ちそうな単語も数多く収められていて、資料としてもとてもためになりました。

こころが通じる和の表現としての「大和言葉」って、とっても素敵ですね。日常会話のボキャブラリーを向上出来る本だと思います。マスメディアの方々にも熟読していただいて、日常の中でも知的で優雅な余韻を残す言葉図づかいを広めて頂きたいと思います。

言葉次第で同じ内容でも、受け取る側に与える印象が変わる・・・そういう細やかな違いを再認識できるとても美しい言葉が満載の本です。日本語の良さを改めて感じることができ、子供と楽しんでいます。

どこかで耳したような言葉がたくさんあり、またその響きには和みさえ感じます。日常の中で上手に使えるように、手元に置いておこうと思います。

朝日新聞に紹介されていたので購入しました。わかりやすく読みやすくてとてもいいと思います。子供にプレゼントしました

普段何気なく使っている言葉。その時々の状況や話し言葉と書き言葉では異なるかもしれませんが、この本を読んで物の見方が変わり、何とか自分の感じたことや表現したいこととぴったりの「大和言葉」を使いたいものだと日頃のワンパターンを反省しました。

忘れかけていた言葉が沢山あります。

レビューのチェックや購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
↓こちらにもたくさんレビューがありますよ↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク